荻史朗通販大特集

            

殺手(サーソ) (双葉文庫)

価格:1,620円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,050円
カスタマーレビュー
死臭ぷんぷんと漂うなかで引鉄が絞り込まれる。発射された銃弾は何処へ向かおうとするのか?これは戦慄のマンハント・ストーリー。政界の腐敗。財界の欺瞞。暴力団新法の余波。そして、何よりも戦後復興史の裏の裏。狩るのはだれで、狩られるのは?売るのはどいつで、売られるのは?複雑に絡みあう魍魎たちの夜。
殺手(サーソ)

価格:440円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:279円
カスタマーレビュー
死臭ぷんぷんと漂うなかで引鉄が絞り込まれる。発射された銃弾は何処へ向かおうとするのか。これは戦慄のマンハント・ストーリーである。政界の腐敗。財界の欺瞞。暴力団新法の余波。そして、何よりも戦後復興史の裏の裏。狩るのはだれで、狩られるのは。売るのはどいつで、売られるのは。複雑に絡みあう魍魎たちの夜。拭い去ろうとしても消えない記憶。葬るべきはその全存在。
黒(ヘイサ)殺 (光文社文庫)

価格:1,620円 新品の出品: 中古品の出品:1,172円
コレクター商品の出品:350円
カスタマーレビュー
元総会屋の武藤修治は、昔、面倒を見てやったことのある台湾人・曹東雲と組んで、ある男を誘拐した。成功すれば、五千万円の報酬――。割のいい仕事だ。ところが、突然、正体不明の男たちの襲撃を受け、肝心の獲物が奪い去られてしまった。東京に戻り敵を探しはじめた武藤と曹だったが、逆にその周囲で不気味な影が蠢きはじめる。果たしてその正体は――!?
逆層海流―アジアノワール (アジア・ノワール)

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:14円
コレクター商品の出品:700円
カスタマーレビュー
200x年6月。鮪延縄船・第八龍昇丸は、大時化の西インド洋「吠える四〇度」海域にいた。鮪の漁期はとうに過ぎたことを知りながら、男達は荒海に立ち向かっていた。なぜ、不毛の漁を?国籍不問・経歴不問の余所者船で、疲弊が心身を蝕み、ある男の死が、乗組員の疑念を加速する。男達の過去が交錯するなかで仄見えてきた、船主の思惑。2ケ月足らずの航海の末に彼らが見た光景とは…。深い陰影を心に刻む、出色の海洋密室劇。
拉幇(ラーパン)

価格:432円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:800円
カスタマーレビュー
次期総裁の座を狙う政治家の息子と、政界の暗部と癒着している財界人の娘が誘拐された。秘密裡に彼らを救出するため、危機管理のプロフェッショナルが投入される。追う者と追われる者の、熾烈を極めた攻防。しかし、姿なき第三の悪の手が、すべてを覆い尽くそうとしていた―。
黒殺(ヘイサ) (光文社文庫)

価格:648円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,400円
カスタマーレビュー
元総会屋の武藤修治は、昔、面倒を見てやったことのある台湾人・曹東雲と組んで、ある男を誘拐した。成功すれば、五千万円の報酬―。割のいい仕事だ。ところが、突然、正体不明の男たちの襲撃を受け、肝心の獲物が奪い去られてしまった。東京に戻り敵を探しはじめた武藤と曹だったが、逆にその周囲で不気味な影が蠢きはじめる。果たしてその正体は―。
死路(スール)―拉殺の街 (カッパ・ノベルス)

価格:648円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:333円
カスタマーレビュー
一部上場企業・東西サービスの特別搬送課。課長・梶木武之は、厄介な「荷物」の極秘搬送を一手に受け持つ。沖縄でひとり仕事終えた梶木は、何者かの尾行に気づく。その正体を暴こうと巧みに誘い出した尾行車の車内の男たちは武装して待ち構えていた!何とか窮地を脱したものの、今度は梶木が片腕とたのむ部下に一味の手が伸びる。ストーカー被害の女性の依頼で運んだ「荷物」が原因らしいと知ったとき、梶木は「死の路=スール」に追い込まれていた。闇の運び屋に仕掛けられた暗黒の罠。男の誇りを賭けた闘いを緻密に描いた快作。
叛徒(パァントゥ)―復讐者の街 (カッパ・ノベルス)

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,800円
カスタマーレビュー
博多の中洲でスナックを営む麻生勝之の妻和代が突然拉致された。赤木と矢代と名乗る男から“奪った物を返せ”と身に覚えのない要求が麻生のもとへ…。身籠っている妻を救うため、かつてヤクザの組長のころ面倒をみた滝上の助けを借り交渉に乗り出す。が、和代は三光銀行常務・会田の別荘に移され、過酷な運命に…。報仇!舞台は東京へ。修羅と化した麻生の復讐が始まる。咆哮するベレッタm92f、閃く狩猟用ナイフ。新宿の街が血に染まる。待ち受けるのは意外な結末。
黒殺(ヘイサ)―殺戮者の街 (カッパ・ノベルス)

価格:1,728円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:760円
カスタマーレビュー
元総会屋の武藤修治は、昔面倒を見てやったことのある台湾人の曹東雲と組んで、ある男を誘拐した。報酬五千万円という割りのいい仕事だった。ところがせっかく手に入れた獲物は、正体不明の男たちに横取りされた。武藤と曹は、曹の新宿の組織を使って、男たちの素性を洗う。しかし相手はなかなか尻尾を出さず、逆に凄まじい反撃を食らう。さらに、亡き妻の面影に似た武藤の恋人・亮子も、敵の組織に拉致されてしまった。痛めつけ痛めつけられ、殺し殺され、殺戮者の街・新宿に、忍び足の男たちが蠢く。拷問、裏切り、一筋の愛の旋律。
殺しの法則 (広済堂ブルーブックス)

価格:1,404円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:3,799円
カスタマーレビュー
ジャパユキとなっていたオリビア・キハノが北海道の山中で焼死体で発見された。フィリピンの裏社会に君臨する神谷昭次はオリビアの確認に旭川へ向かうが、雪山で二発の銃弾の洗礼を受け、また、オリビア捜索の一カ月間に行く先々で地元の暴力団につけ狙われていたのだった。杳として行方の知れぬオリビアの足取りを追って旭川から網走へと向かうが、そこでも神谷は二人の暗殺者に襲われてしまう。九死に一生を得、狙われる理由が分からぬままフィリピンへ戻った神谷だったが、日本の企業戦士が企む恐るべき巨悪と組織の罠が待ち受けていた…。